teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


欠史八代から思う

 投稿者:島根もの  投稿日:2007年 9月 9日(日)23時05分48秒
   やはり欠史八代の視点から述べねばなりません。
大雑把に言うと欠史八代の天皇は出雲の王で、それを
挟むようにいる神武と祟神は同一人物で、欠史八代の
後に王位についた。だから神武(=祟神)は媛蹈鞴五十鈴媛
命という出雲の姫をもらい大和の王権の正当性を維持
しようとした訳だ。
 それでは出雲王の首都はといえば例の安来である。
理由はあまりにも理不尽なほどの遺跡が発掘されており
弥生後期/古墳時代前期にわたって500年間も栄えている
ためだ。その後ヤマトの纒向にうつったのではないか。
 つまり邪馬台国の卑弥呼は安来の伊邪那美神のことで
台与は月読神であり、その後スサノオ、オオクニヌシなど
が王権を強固なものにし、それが欠史八代の話となって
おり、神武は祟神の活躍の別場面を活写して、大本はヤマトに天皇の源流があるとした。それでいて納得できない
、特に出雲系のものたちに神代の話や欠史八代を用意す
ることで記紀のストーリーを作り上げたのではないか。
すなわち、神代も欠史八代も次流(主流ではなく)の権力者
歴史の原形をとどめたものだったのだろうと考えてよい
のではないかと思う。
 
 

邪馬台国が出雲を意味している『物証』が発見されていた

 投稿者:みんなで古代史を考える会メール  投稿日:2006年11月25日(土)15時34分27秒
  3種の神器としての銅鏡。
それは、魏が邪馬臺の王として認めた証だったのです。
その銅鏡が出雲で発見されていました。
みなさんはどう思われますか。

http://kodaishi-21.hp.infoseek.co.jp/

 

邪馬台国は出雲を意味していた

 投稿者:みんなで古代史を考える会メール  投稿日:2006年10月23日(月)01時01分9秒
  邪馬台国、卑弥呼などわが国の古代史には、謎がいっぱいです。
その謎を追い求めていたら、邪馬台国は出雲を意味していることが分かりました。
皆さんはどう思われますか。
ご一緒に古代史を探索しましょう。

http://kodaishi-21.hp.infoseek.co.jp/

 

背山へ

 投稿者:東京から  投稿日:2005年10月16日(日)21時36分34秒
  今度紀ノ川周辺の万葉故地を訪ねたいと思っていて、ここにたどり着きました。
ぜひ、かせだから背山まで古南海道を歩いて、山にも登ってみたいと思います。
 

オオナムチ

 投稿者:安来ひょっとこ  投稿日:2004年10月23日(土)22時34分32秒
   ひょっとこはオオナムチだというのが安来でも主流の説です。
安来は地名をスサノオにもらったくせに、オオナムチの屋代があ
ったとか、天穂日神や野城大神の関係がどうだとか、イザナミの
墓所も抱えていたり、とにかくなんでもありで混乱しやすいので
しょう。
 

間違われる原因か

 投稿者:旅人  投稿日:2004年10月21日(木)16時13分9秒
  和歌山の妹山と背山の景色は朝倉郡夜須町の風景と良く
酷似していました、ここが奈良と福岡のよく間違われる
原因かも。

http://www9.ocn.ne.jp/~aysk535/index.html

 

「妹山背山辨」現在語訳

 投稿者:管理人メール  投稿日:2004年 5月10日(月)09時44分40秒
  万葉の歌枕妹山・背山を解明する資料として、本居内遠{妹山背山辨}の
現代語訳を作成しました。
 HP yahoo検索「万葉歌枕妹山・背山」で御照覧下さい。
 URL http://www.kit.hi-ho.ne.jp/akaneya-tetsu/index1.html
 

妹山

 投稿者:管理人メール  投稿日:2004年 1月31日(土)19時17分47秒
   笠田万葉サ-クルでは、「万葉の妹山」の解明のカギの一つは本居内遠の妹山背山辨
にあると考え現在風妹山背山辨を作成中です。何か良い資料情報はないでしょうか。
 作成中の現在風妹山背山辨メ-ルで連絡いただけると送付させていただきます。
 

二上山と奈良紀伊の歌

 投稿者:旅人  投稿日:2003年10月21日(火)19時47分14秒
  妹山と背山の歌詠み拝見しました、なるほど良く似た処があるものだと。詠み歌に山に
ついて詠んだ歌にも、遠の朝廷がからんでいると思いました、それは独断と偏見かもわから無いけど、山の.......歌詠みが似ていることに気が付きました。二上山は、邪馬台国
夜須では国、王の象徴で出雲文字にもあり(祝詞の中に)平山とも呼びます、これは、古代
中国越国会稽の頃の項にもあり、平山は出雲祝詞やお宮の祝詞に出てくる夜須の国王を、
意味したものと指摘しています。これは本の中にも載せていますので参考として下さい。
ひらやまと.天皇系図に記されていまして、ウガヤ王を指しているのです。これには、今
まで沢山の方の偏見で読み違いが起こり、謎となっていましたが、邪馬台国の出現で、すべてが解決しています。旅でもよく目にするのは紀州は夜須の古代人達の住まいでもあった訳という事に気が付いた次第です。歌詠みは邪馬台国とつながっていたのでしょう、
ふりさけ見れば春日なるとあるのも奈良と類似している地名でした。万葉の妹山と背山とは二上山と呼ぶ歌詠みとも考えられませんか。邪馬台国と奈良には必ず二上山があり、
邪馬台国夜須では砥上山が二つ山でした、これが思いかね命の作成した出雲文字でした。
 

万葉集と夜須町

 投稿者:旅人  投稿日:2003年 8月18日(月)08時17分59秒
  掲示板の解説おめでとうございます。旅の途中で立ち寄りました、万葉集と朝倉郡夜須町
は日本の起原の始めの土地だと云う事が判りまして、立ち寄り先でご案内させていただいています。私の住まいはヤフー検索朝倉郡夜須町掲示板です。また邪馬台国掲示板でも
見れますのでお立ち寄りのせつは是非どうぞ。
万葉集は日本の心と祖先たちのメッセージですね、これにより夜須町が邪馬台国だとはっきりして、遺跡と出土品の邪馬台国30年間の写真公開をホームページでする準備中です。
きっと日本中の皆さんびっくりしますよ、これまでの邪馬台国のイメージが現在と同じで
あったとは、へえ.....風習が日本そして邪馬台国だったのか?

http://www9.ocn.ne.jp/~aysk535/

 

レンタル掲示板
/2