teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


トロさんへ・・・

 投稿者:聖騎士ジルダ  投稿日:2010年 1月13日(水)19時23分5秒
返信・引用
  この度、掲示板を移動することになったのでお知らせします。
一番の理由は、トロさんが居ないのに、いつまでもトロさんの掲示板を
使っていいのか?という疑問が始まりです。
あたしたちは、トロさんがいつ帰ってきても良いように、騎士団の名前はそのままです、
検索キーワードも聖魔天海とモンハンと掲示板にしてあるので
あっそうそう、サイトのURLは・・・

http://9313.teacup.com/akuarusiazilde/bbs

です。会いたくなったら、いつでも帰ってきてください。(掲示板にメッセージを・・・)
あっそうそう、もうすぐ、フロンティアに移動しますので、
また会える日を楽しみにしています。
        聖魔天海騎士一同・・・親愛なるトロビア様へ・・・・
 
 

世界を脅かした者

 投稿者:新アクア  投稿日:2010年 1月 5日(火)14時09分19秒
返信・引用
  アクア:騎士団と貴方達のお陰で見事、皇龍を打ち倒す事ができました、どうもありがとう!。

ラギア:我々は騎士団の皆が安心して戦える用に、力を尽したまでだよ、アクア。

ロアル:そうだぜ、王妃さんよ。
ルド一行:そうそうw

ナバル:見事な戦いぶりであった、騎士団に皆の者!これでしばらくは奴も好き勝手には暴れぬであろう。

アクア:倒したんじゃなかったの?
TG:倒したように思えたんだけどなぁ~

ジエン:奴は撤退したのじゃよ、己の体を癒す為に。
ナバル:いかにも・・・、奴は生きている。

ロアル:なにぃぃぃ~~~~!

リーダー:苦労したのに・・・・くそぉ~~~

アグナ:あの程度で奴はくたばりはしない・・・次に戦う時こそ本当の戦いだ!

チャナ:そゆこと、そゆこと、クシシ~

アクア:でも、始めの戦いから何度か戦ってるわよ?

ナバル:あれは、奴が我々をもて遊んでいるのだ。
ジエン:皇龍も好きじゃのぉ~~~

ロアル:なんて奴だっ!!、こっちは真剣だって言うのによっ!!
TG:始めから本気で相手にしてないのかな?

アグナ:ふんっそうだろうよ~!、弱いくせしやがって!

ラギア:ふむ~、これはいよいよ状況が悪くなってきたな~
チャナ:どうしたのかな~?なぜかなぁ~~?

ラギア:我々を見てみるんだ、この戦いで多くは傷つき、再戦などそう何度も出来るような状態ではない・・・。

アクア:うん、みんな傷つき、疲れてるものね。

ロアル:ん~~~確かに・・・・
ルド一行:(ロアルドロスに訴える様な目をしている)

ラギア:エピオスの兵もかなり負傷をしている。
リーダー:我々はまだ戦えますっ!・・・・(傷が痛む)うぐっ!
アクア:無理をしないで・・・。

ラギア:ルシアやジル、騎士団の二人も無傷ではないだろうし・・・・う~~~む。
アクア:そうね~~。

ロアル:何かいい手は無いのか?

アグナ:仕方がないな・・・・俺の兵を連れてきてやろう!

ラギア:おお~それはよいっ

ロアル:おいおい、そういうのは始めから出すのもだぜ!

チャナ:兵?何人?何人?
アグナ:ざっと800って所か!

ロアル:なむっ!俺より多いのか!

ラギア:これは心ずよい!

アクア:ありがとう~アグナコトルさん!

アグナ:良いってことよっw
 

魂を縛られて・・・

 投稿者:聖騎士ジルダ  投稿日:2010年 1月 2日(土)15時10分45秒
返信・引用
  誰もが一度は抱く闇。それは初めは小さく存在すら気づかない、やがて人を飲み込むほど
大きくなり、選択を人に迫る、

その闇は問いかけてくる、「この幸せがいつかは無くなるかもしれない・・・」

だが、私は抗ってみせる、魂を縛る闇に・・・
いつか証明してみせる、終わらない絆があることを・・・

そして、まずやらなきゃいけないことは・・・
昨日の自分を乗り越えること、
運命を運命と思わないこと・・・

そうしたら私は闇に別れを告げ、全てを守り通せる。


___________ゼノビア南西部 シャーウッドの森____________

シャーウッドの森を突き進む一行。辺りは夜の帳で一寸先も見えない闇が森を包んでいた
暗闇の不安から逃れるのは、ウォーレンの杖から発せられる光だけが頼りだった・・・

カノープス:はぁはぁ、大分奥にきちまったが、まだ抜けないのか、
ランスロット:森自体そう大きくない、もう少しだ、
ウォーレン:王が気がかりだ、無事だといいが・・・
ジルダ:・・・・・・
アクア:どうしたの?
ルシア:?
ジルダ:ごめんなさい。
アクア:いいのよ、私たちが選んだ道だから
ルシア:毒食らわば皿まで だな。
アクア:ちょっとちがうんじゃない?ははは
デボネア:しっ!
一同:!!!?
ベアトリス:どうした、クアス、

小声でデボネアに問いかける、彼は周囲に自分たち以外の気配に気づいたらしく
それが、いつの間にか一行が窮地に立たされていることが容易に推測できた・・・

デボネア:囲まれている・・・・
ランスロット:・・・こんな森の中で、私たち以外の者といえば、敵と見るのが正しいな。
ウォーレン:このような所で・・・

身構える一行、森の闇に潜む気配が、より一層殺気を放った瞬間

ドサッ!

木々の上から、人が落ちてきた。もの言わぬ死体で・・・

ランスロット:なにっ?!
デボネア:この服、ローディスのアサシンか?!

とたん、闇の向こうから、剣で切り結ぶ音や、うめき声が聞こえてきた
数秒もたたずに音は鳴り止んだ、
木々の陰から、続々とアサシンたちの骸が、ランスロット達の視界に入ってくる。

ルシア:ちっ!何が起こってる!
アクア:みんな離れないで!
ランスロット:どうなっている?・・・
デボネア:だが、まだ何か居る・・・・
ジルダ:・・・・・

しばらくの静寂ののち、闇が語りかけてきた。

????:お久しぶりでございます、ジルダ様

森の闇から、黒装束を身に纏った、東洋の戦士が現れた、それはあたかも暗闇から生まれてくるように・・・・・

ジルダ:??!!その声ハンゾウ?
ハンゾウ:申し訳ありませぬ、脅かしてしまいましたな。

気配を消すのを解いたのか、ハンゾウの後ろには、無数の影が居ることがようやく確認出来た、この者たちが、ローディスの刺客達を一瞬にして葬りさったのであろう。

ジルダ:あっ。みんな大丈夫よ。母に仕えてる忍び達よ。
ルシア:つまらねぇ。ひと暴れ出来ると思ったのによ

一行は抜きかかった剣を納め、忍びの話を聞き入った

ジルダ:ハンゾウ、なぜ此処に・・・
ハンゾウ:親方様の御命令で、馳せ参じました、
ランスロット:今、この国で何が起きようとしている?
ハンゾウ:事の始まりは、2年前、新しくこの世に生み出された「12使徒の証」の一つが
     ローディスの手に渡ったことからでござる。当時の教皇アルセウス枢機卿が、
     「証」に興味を示し、各地で暗躍を始めました、ジルダ様が居られた、狩猟民族
     の国での事件もそうでござる、そして12個ある証も残り2つを残し、
ランスロット:その二つがこのゼノビアにあるんだな?
ハンゾウ:いかにも。いや正確には此処に2集まった、と言うのが正しいでござる
ジルダ:?
アクア:ちょっとまって。頭が混乱してきたんだけど、まず12使徒の証って、なんなの?
ルシア:そういえば、カオスゲートってなんなんだ?
ウォーレン:神々の時代、12人の天空の騎士を率いる女神フェルアーナと悪鬼オウガを束      ねる暗黒神ロッシュフェルが7日間戦い続けた、
      戦いはフェルアーナが勝利し、ロッシュフェルはオウガ共々、地の底に封印さ      れた、その門は12人の天空の騎士の命の「鍵」で硬く閉められた
      門はカオスゲート呼ばれるようになり、鍵は12使徒の証として人々に
      伝わってきた、
カノープス:何年か前までは、御伽話だったのにな・・・
ランスロット:トリスタン王が、最初のローディスとの戦いで12使徒の証を破壊した、
       はずだったが・・・・
アクア:つまり、カオスゲートが開くと、この世が終わるってこと?
ウォーレン:わし等の想像もつかない悲劇が起こると言うのは確実じゃろう・・・
ルシア:要は、その鍵をぶっ壊して、門を開かせなきゃいいんだろ?
ランスロット:言うは易しだがな・・・やってみる価値はある。
ハンゾウ:トリスタン様が持つ証と、聖剣ブリュンヒルドが事態を収束できる鍵でござる
     それとジルダ様。貴方様は私共と一緒に叢雲の里へお戻りください。
ジルダ:何を言うの?!こんな時に!
ハンゾウ:どうしても嫌だと申されるのなら、力ずくでもお戻り願うでござる。
アクア:なにか理由があるのでしょ?
ジルダ:あたしの身を案じてだけじゃないわよね?
ハンゾウ:それは・・・・申せませぬ。ですが、この国の命運が掛かった事であるとだけ。

突然、遠くから、剣激の音が聞こえ始めた、

ランスロット:新手か!?!!
ジルダ:ごめん。ハンゾウその願いは聞き入れられないわ。

一人追っ手から逆の方向に走り出すジルダ

ルシア:おっおいっ!
アクア:いくわよ!
ランスロット:行くぞ!
ウォーレン:姫っ!
ハンゾウ:くっ致し方なし!ここは引き受ける!
デボネア:すまぬ。


ハンゾウ:(運命には抗えぬと言うのか。否!抗い続けるのが人の性!このハンゾウも
      そうであるべき道を行く!)
     ジルダ様。ご無事で

ハンゾウの目の前に一人のアサシンが現れた、

???:ちっ!使えねぇ奴らだ、おやおや、こりゃぁ骨のある奴みたいだなぁ

男はハンゾウの前に立ち、品定めするようが如く、見回している

ハンゾウ:此処からは何人も通さぬ。叢雲忍軍首領ハンゾウ、参るっ!!!

静かに音も立てずに刀を抜き、水のような動きで構えるハンゾウ

???:いいねぇ~その目、血をすすってきた人間の目だ、くくくっ楽しくなりそうだ
    俺の名はムスペルム。
    さぁ!俺に死をくれよぉぉっ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森を駆け抜ける、ジルダ達。行く手の木々の隙間から光が見える、ようやく森を抜け
ジルダ達の目に飛び込んできたのは・・・・・・・・・・

ジルダ:はぁはぁ。
ランスロット:あれをっ!
カノープス:ようやく森を抜けれる!
アクア:もうちょっとよっ!
ルシア:追っては居ないな
デボネア:姫っ!あれをっ!
ジルダ:はっ?!こっこれは??!!!

________________to be conntine_____________
 

黄昏の都

 投稿者:聖騎士ジルダ  投稿日:2009年12月30日(水)13時02分42秒
返信・引用
  ・・・・・ローディス教国 首都アスカンデル 法皇庁前広場・・・・・

この日は、ローディスにとって特別意味のある日。新しく就任した法皇の戴冠式が
法皇庁で行われる、眼前の広場には法皇の姿を一目見ようと、大勢の民衆が集まっていた。
そして、法皇庁のテラスからアルセウス枢機卿が姿を現す、
これから身に起きる事も知らずに・・・・・

アルセウスを守るように、大勢のテンプルナイトが周囲を固めている、

テンプルコマンド:アルセウス様、準備が出来ましたので、こちらへ。
アルセウス:うむ。

民衆の喝采を受けながら、テラスへ歩み寄る法皇、軽く民衆に手を挙げて見せ
祭典の迎文を民衆に向かって発しはじめる。

アルセウス:今日、この日を迎えられたことを、皆に感謝したい、
      先皇が遺去なされて、今日まで、皆には苦渋を味あわせてしまったことを
      遺憾に思う、
      しかし!今日この日をもって!追憶の日々を未来への糧とし、
      新しいローディスの繁栄をここに誓おう!

天をも震わせる様な民衆からの歓声が沸き起こり、全ての音が歓声に飲み込まれた
それを合図にするように、一人のテンプルナイトが剣を抜き、教皇に歩み寄る

テンプルナイト:教皇!お覚悟をっ!
アルセウス:なにっ?!
テンプルコマンド:血迷ったかっ!!!

教皇の身に異変が起きたのをようやく理解した民衆は恐れおののき、歓声は悲鳴に変わった
逃げ惑う民衆の中に、一人だけ平然とほくそ笑む、ローブの女性が一人・・・・

ローブの女性:さぁ役者は揃ったわよ、ディスティン。
       このゼノビア最強(自称)の魔女のデネブ様が仕掛けた甘ぁ~い罠に追い込       むのよ。

テンプルコマンド:そやつを取り押さえよっ!教皇をお守りしろっ!
テンプルナイト:教皇!こちらへっ!

教皇は二人のテンプルナイトに誘導され、隠し部屋へと急いで入った。
そして、教皇を襲った、テンプルナイトは取り押さえられ、鉄仮面を脱がされた
その額には、呪術の文様が浮かび上がっていた。

テンプルコマンド:こっこれは??!!


・・・・・隠し部屋にて、・・・・・
テンプルナイト1:アルセウス様、お怪我はありませぬか?
アルセウス:うむ。
テンプルナイト2:陛下、ここで事態が収束するのをお待ちください。
アルセウス:何ということだ、このようなときに。

つぶやきテンプルナイトに背を向けるアルセウス。すると背後から鈍い音が聞こえた
振り返ると、テンプルナイトの一人が地面に倒れていた、何が起こったのか理解できず
困惑するアルセウス、

テンプルナイト2:アルセウス枢機卿、御初にお目にかかります。
アルセウス:?!貴様!何者だっ!

テンプルナイトは鉄仮面を脱ぎ捨て、名乗った

テンプルナイト2:私はゼノビアのディスティン・ファローダ。陛下にお願いがあって
         参りました。
アルセウス:なにっ?!貴様!どうやって此処までっ?!
ディスティン:お静かに願います、

そう言って、アルセウスの喉元に剣を突き立てる、ゼノビアの英雄

ディスティン:願いと言うのは他でもなく、ゼノビアから兵を撤退していただきたい
アルセウス:戯言をっ!
ディスティン:無駄な殺生はしたくはないが、仕方ない。
       お命を戴く!許されよっ!

法皇の体に深く刃が突き刺さる。

アルセウス:ぐはっ!貴様・・・・・

再び鉄仮面を被り、ディスティンは法皇庁を後にした、

・・・・・広場・・・・・
デネブ:遅いわね、ディスティン。

と突然不意に肩を叩かれ、振り向き身構えるデネブそこにはテンプルナイトが居た

デネブ:!
ディスティン:俺だ。
デネブ:ちょっと、脅かさないでよ。
ディスティン:上出来だデネブ。
デネブ:人一人操るのは骨が折れるわ
ディスティン:礼を言う。
デネブ:これで貸しが二つね。
ディスティン:さぁ帰るぞ、ゼノビアに・・・・・・・・

ゼノビアの方向の空を見上げ、デスティンは

ディスティン:(間に合ってくれよ・・・・・)
 

伝説の狩人団になるために・・・・

 投稿者:ジルダ  投稿日:2009年12月28日(月)07時52分26秒
返信・引用
  おっすです!ジルダでし!
猟団が作れない理由が判明しまちた!
なんでも・・・
「猟団退団後、10日間は、新しい猟団に入団、作成は出来ない」そうです
 

今年も残す所後わずか。

 投稿者:新アクア  投稿日:2009年12月28日(月)07時45分37秒
返信・引用
  トライの進行状況2

上位ラギア素材の新しいSAは作れそうです!
防具の方は頭の片方を除けば全て作れそうです。
頑張って残りの素材を集めるぞぉ~~(おおぉ~!!)

後から分かった事なのですが・・・・ディアブロス素材がかなり欲しい事が判明致しました!!(ほっほっほっ!欲しいぃ~~~~!!)


後ねジルの企画なのですが、年が明けて、1月4日月曜日は「モンハンデー」をすることになりました。
お正月みんなでモンスターハンターで遊びましょw(ワイワイ)
 

新しいパソコン

 投稿者:新アクア  投稿日:2009年12月24日(木)11時54分5秒
返信・引用
  やっほぉ~~~アクアだよぉ~~メリークリスマス~~w

えへへ~今日から私新しいパソコンで掲示板書くことにしました~ワイワイ

私のトライ進行状況は上位ラギアクルスに夢中!
新しいSAはどうにか作れそうです。
でも、防具の方はさっぱり(確認してないからかな?あははw)
また今度確認しますw

夫が終わればいよいよ、緊急ですね。トロさん、行ってもいいよね?

大モンスター王国を救う為に私達騎士団と沢山の協力者達が、今!、手と手を取り合い一つの目的を達成する為に立ち上がろうとしているっ!!
 

Re: 今日の狩りの出来事

 投稿者:ジルダ  投稿日:2009年12月19日(土)12時36分3秒
返信・引用
  > No.275[元記事へ]

ルシア日記!さんへのお返事です。

どっちモ行きたい。
ねぇ?アクアさん、いいでしょ?

ごっつぁんです!
相撲は国技じゃないっすぅ
格闘技っすぅ~
はぁ~どすこ~い、どすこぉ~いっ!(笑)
 

今日の狩りの出来事

 投稿者:ルシア日記!  投稿日:2009年12月19日(土)01時48分5秒
返信・引用
  どうもルシアです、
久々に掲示板に書き込みです、
トライでの出来事、
求人でウラガンキンで募集してたのですが、
誰も来ず1人で(30分ほど)準備してました、
はぁ~~~~、むなしい、、、
落ちようとしたその時に!ハンターが2人入って来ました
やっとキタキタと嬉しくなり!
こんばんチャーってあいさつしていざ
クエストに出発!する瞬間にもう一人!入って来ました
やったー4人そろった!
4人でクエに行ったのですが
……………………………………………
……………………………………………
ガンキンがなぜか止まり!
メンバーがなぜか止まり
そして俺はヵ…イ…セ…ン…オ…チ…
やる気なくし寝ることにしました
はぁ~~~~~~~~~~~~~~
追伸!恐暴の宴のイベントでてます
追伸!水没林の大連続狩猟(サングラス、ゲットのクエスト)でてます
 

闇に葬られ

 投稿者:ジルダ  投稿日:2009年12月15日(火)20時17分55秒
返信・引用
  ―――――ローディス法王庁―――――

????:私は、ゼノビアのディスティン・ファローダ、
          暗黒騎士の鎧をお貸し願えば、事は足ります。
バルバトス枢機卿:貴殿が各地で暗黒騎士団を振り回している
                 英雄ディスティン・ファローダか、
                 皮肉なものだな、ローディスに刃を向ける者が、傾国の救世主となるとはな。
                いいだろう、鎧は配下の者の届けさせる、明日、
法王アルセウスが戴冠式で表に出る時が最初で最期のチャンスだ
ディスティン:承知しました、件の約束、お忘れなきよう。

そう言って、ゼノビアの英雄は垂れ幕の闇へと消えた、
 

レンタル掲示板
/25