teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:伊藤  投稿日:2016年 1月27日(水)11時56分46秒
返信・引用
  マトやんさん、度々のご報告ありがとうございます。

そんな体調で、よく最後の最後まで山登りされてたなぁ・・・と、もんすいさんの奥様と同じことを感じました。

思えば、もんすいさんに誘われて、夏の上高地でもお世話になっている方(Sさん)と3人で、冬の乗鞍へ登りに行ったことがありました。私はそんなに高い所までは行く技量が無いので、位ヶ原山荘から上へは、もんすいさんとSさんの二人で行かれましたが、途中から大変そうに登られている様子を下(山小屋)からも見れたので、大丈夫かなぁ・・・無理しなくていいのに・・・と、心配していました。
最近では、テントを買われてから、よく一人で涸沢へ行かれてましたが、悪天候はともかく、体調不良で諦めざるを得ない状態の時も無くは無かったのは、ご存知かと思います。

もっと行きたかった場所は、いっぱいあったはずですが、これからは自由に生前行けなかったところへ行って楽しんでいるのかなぁ・・・と、家から望む山を見ては感じています。

 
 

Re: (無題)

 投稿者:oochan  投稿日:2016年 1月27日(水)10時30分1秒
返信・引用
  > No.2753[元記事へ]

マトやんさんへのお返事です。

> oochanさん 伊藤さん
> お伝えする事が出来て安心いたしました。
> ご家族の方のお話では 最後の記事の翌朝目覚める事無く亡くなられたそうです。心不全との事です。思えば前々日の記事の最後の方に気になるような事書かれてました。
> もんすいさんのおかげで御二方とご縁を持つことが出来ました。何処かの山でお逢いする事ができるでしょう。もんすいさんありがとうございます。

マトやんさんお知らせしていただきありがとうございます。
心不全でしたか、よく山に登られていて健康には人一倍気をつけていた方だと思っていましたが分からないものですね。
でも苦しむことなく逝ってしまったようでなんとなく救われた感じです。
マトやんさんも山に登られるようですね、お互い山での事故だけは起こさないよう気をつけて楽しみましょう。
もんすいさんの分まで、合掌。

http://www.cek.ne.jp/~oochan/

 

(無題)

 投稿者:マトやん  投稿日:2016年 1月27日(水)08時57分36秒
返信・引用
  oochanさん 伊藤さん
お伝えする事が出来て安心いたしました。
ご家族の方のお話では 最後の記事の翌朝目覚める事無く亡くなられたそうです。心不全との事です。思えば前々日の記事の最後の方に気になるような事書かれてました。
もんすいさんのおかげで御二方とご縁を持つことが出来ました。何処かの山でお逢いする事ができるでしょう。もんすいさんありがとうございます。
 

(無題)

 投稿者:いとう(文金高島田)  投稿日:2016年 1月27日(水)00時15分53秒
返信・引用
  文金高島田こと、伊藤と申します。
マトヤンさんの書き込みを昨日読んで、本当にびっくりしました。
というか、あんなにお元気だったから、全くこの状況が受け入れられませんでした。
うちの旦那さんも、とても残念に思っていました。

私達夫婦ともんすいさんは、8年くらい前に北アルプスの稜線にある山小屋で知り合い、
そこから今まで交流させて頂いてました。

今年に入ってからすぐに、私達夫婦は日本に不在だったので、山での事故やその他の状況が分からな
いまま、もちろんもんすいさんのことも知らないまま2週間を過ごし、いつも私が何処かへ行った時に、
ここへお土産話を書いてますが、いつもなら、次の日の夕方にはコメントを書いてくださるのに、
先日書いたものには、2日経っても書かれていなかったので、どうされたのかなぁ・・・と不思議に
感じていました。
本当に残念でなりません。

ご連絡下さったマトヤンさんへ、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。
そして、もんすいさんのご冥福をお祈りします。

もんすいさん、今までどうもありがとうございました。


 

Re: (無題)

 投稿者:oochan  投稿日:2016年 1月26日(火)11時32分17秒
返信・引用
  > No.2750[元記事へ]

マトやんさんへのお返事です。

> どなたからも書き込みが無いようなので差出でがましいと思いつつ書き込みさせていただきます。
>
> 赤穂在住のマトやんと申します。もんすいさんは昨年の更新を最後に亡くなられました。
> 私も更新が無いなと思いつつ数日を過ごし、気になってご自宅にお邪魔させて頂き 事を知りました。
> 突然でしたのでとても残念でなりません。
>
> またご家族の方のご心労はとても言葉では表せないくらいだったと思います。
> 見勝手な書き込み、本当に申し訳ありません。失礼いたします。
>
マトやんさん、初めまして、oochanと申します。
ブログや山でのニアミスなどでもんすいさんとは親しく(?)させていただいていました。
マトやんさんの書き込みで訃報を知りました、とても残念です。
面白い山行記録など楽しませていただいたのに本当に無念に思います。
どんな最期だったのでしょうか、まさか山で・・・ではないでしょうね。
お知らせありがとうございました。
遠方よりもんすいさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

http://www.cek.ne.jp/~oochan/

 

(無題)

 投稿者:マトやん  投稿日:2016年 1月25日(月)17時47分16秒
返信・引用
  どなたからも書き込みが無いようなので差出でがましいと思いつつ書き込みさせていただきます。

赤穂在住のマトやんと申します。もんすいさんは昨年の更新を最後に亡くなられました。
私も更新が無いなと思いつつ数日を過ごし、気になってご自宅にお邪魔させて頂き 事を知りました。
突然でしたのでとても残念でなりません。

またご家族の方のご心労はとても言葉では表せないくらいだったと思います。
見勝手な書き込み、本当に申し訳ありません。失礼いたします。
 

旦那さんと初・海外逃亡(?)

 投稿者:文金高島田  投稿日:2016年 1月22日(金)13時24分3秒
返信・引用
  こんにちは。急に寒くなりましたが、いかがお過ごしですか?

私達は、年が明けて5日から2週間、今夏真っ盛りのオーストラリアへ旅行してきました。
どうしてそんなことが出来たかと言うと、うちの旦那さんが、数年に一度の「リフレッシュ休暇」
というものをもらうことが出来るということで、昨年の夏からどこに行こうかとかなど、色々と
計画を立てたり、予算などを色々と調査や情報を模索してて、最終的に決まったのがオーストラリアでした。
私は彼是5~6回行ってますので、懐かしいし慣れていますが、旦那さんは観光として海外に行
くのは初めてだし、英語圏に行くのも初めてなので、私が企画からガイドまで行いました。
(と言うことで、うちの旦那さんは、ほとんど「金魚の糞」状態です)

行った都市は、シドニー、 メルボルン、 アデレード の3都市です。
殆どの都市間の移動は飛行機なのですが、メルボルンからアデレードに行く時は、途中で
「グレートオーシャンロード」という超有名な海岸沿いと、「グランピアンズ国立公園」という
森と湖がとても美しい国立公園を経由していくツアーがあり、それを利用して移動しました。

泊まる所は、ツアーの時を除き全てユースホステルに泊まり、節約出来たお金で、美味しいものを
堪能しました。
牛肉王国なだけあって、肉料理は、デカくて安くて美味しかったです。(レストラン併設の
バーに行くと、およそ$9(日本円で¥780くらい)で、200g超のステーキが食べれます。)
ショーケースの肉を選んで、自分でお店のBBQグリルで焼いて食べれるお店もあります。

ビールも大好きな種類が沢山あるので、旦那さんに「また飲んでる!」と怒られながらも、
酒屋さんで買ったり、散歩の途中でバーに寄ったり・・・と、欠かすことなく飲んでいました。
ビールも種類が豊富で美味しいですが、オーストラリアは言わずと知れたワインの産地で、
最近ちょっとだけ飲めるようになった旦那さんを引き連れて、ワイナリーツアーにも行ってきました。
(ツアーだと車の運転を気にしなくていいので、たくさん飲むことが出来ます。)
今回は、メルボルンから北へ車で2時間弱のところにある「ヤラ ヴァレー」というワインの
産地に行ってきました。沢山ある中の4ヶ所のガイドさんお勧めのワイナリーに立ち寄り、
それぞれ5~6種類以上ずつテイスティングを楽しみました。2ヵ所目に行ったところでは、
レストランでランチが出たのですが、期待以上の美味で、ワインが増々進みました。

色々と美味しい体験をしてきましたが、アクシデントと紙一重っていう事もありました。
一つは、グレートオーシャンロードに行った時、気温は44℃、湿度20%の超乾燥状態で、
この海岸沿いには、葉っぱから揮発性の油分を出す「ユーカリ」の木が至る所にあるのですが、
ツアーに参加してここを通った数時間後に、その日の高温と乾燥とユーカリ油と、もう一つ何か
しらの要因で大規模な森林火事が起こり、お家も何軒か被害に遭ったと、アデレードに着いた時に
見たテレビのニュースで言ってました。
それと、帰国前、最後に1日だけシドニーへ戻って過ごしたのですが、その戻る前日に、
シドニーオペラハウスに爆弾テロ予告があったみたいで、オペラハウスの周りに黄色いテープで
決壊が張られ立ち入り禁止になり、警察官がいっぱい来ていた映像をテレビで見て、私達は
「えぇ~~~!ここの近所に行かなあかんのに~~!」と、ちょっとショックでしたが、
シドニーに戻ってから恐る恐るこの近くまで行ってみると、決壊は無くなっていて、普通に
いつも通りに観光客や地元の人でいっぱい賑わっていてました。が、警察官などの警備が、
いつも以上にいっぱいいて、昨日の緊張感は残っていました。
その他には、メルボルンの港で、タスマニア行きのフェリーが座礁する事故があったり、
西オーストラリアのパース近郊でも、森林火災が起こってたようです。

それにしても、それらの事件や事故に遭わず、無事に楽しんで帰ってこれて良かったです。
そして、私にとっては、旦那さんがオーストラリアの文化や自然を気に入ってくれたことが、
とても嬉しかったので、連れてきた甲斐がありました。

今度は、カナダの絶景やニュージーランドでトレッキングを体感させてあげたいです。

写真① オペラハウス
写真② 自分で焼くお店で食べた、BBQステーキ
写真③ 「12人の使途」(グレートオーシャンロードにある岩群)
 

Re:初・四国の旅

 投稿者:もんすい  投稿日:2015年11月14日(土)16時50分45秒
返信・引用
  こんばんは

初四国の旅でしたか、時間一杯あちこち巡り見聞を広められたようで、いい休日になりましたね

香川県はうどん県と名乗るくらい、うどんのお店が多く私も何度か食べ歩きをしました。

瀬戸大橋を渡ると地理的に近い事から、香川県は何度も行っています
というか高知まで足を延ばし、日曜市にはよく通いました
民主党政権の頃、高速1,000円と言う時代がありましたが、あれをもう一度復活してほしいくらいです。
香川県は見どころ多いですが、やはり四国八十八ヶ所札所が多いのが印象でしょうか

屋島の麓、四国村に安藤忠雄氏の「四国村ギャラリー」と言うブースがあり、一見の価値があると思います。

次回、四国に旅する時には我が家に立ち寄って久しぶりに積もる話をしましょうよ。
 

初・四国の旅

 投稿者:文金高島田  投稿日:2015年11月13日(金)20時50分17秒
返信・引用
  こんばんは。

もんすいさんが大山に登っている頃、私は、生まれて初めての四国旅行に行ってきました。
何故なら、学校の毎年恒例のイベントに参加した後、次のスクーリングまで4日間空いていて、
家に帰ってまた学校に行くのは大変だということと、かと言って京都観光は、観光客が多くて、
大阪の心斎橋筋商店街の人ごみに塗れているのと変わらないかそれ以上の事なので、それなら
行ったことのない四国へ行ってみたいなぁ・・・と思ったのでした。

大阪から岡山経由で、とりあえず直島へ上陸。
直島には、超有名建築家の安藤忠雄さんが設計した、「地中美術館」という、その名の通り、地
面の中に建っているというか埋まっている美術館や、草間彌生さんのカボチャのオブジェなどの
アート作品を楽しんできました。ほとんど徒歩で移動し、ベネッセのビーチからフェリー乗り場
までだけバスに乗ったので、細かいところまで色々と見る事が出来たり、島の人とお話が出来た
り、楽しい散歩が出来ました。

その日のうちに高松に渡り、高松市には、私の行ってる大学の違うコースの先輩が在住してい
て、その方の息子さんがゲストハウスと呼ばれる宿泊施設をされているので、そちらにお世話に
なりました。
翌日は、高松市内には、これまた超有名建築家の丹下健三さんの建築物がいっぱいあるという事
なので、それらを見に、先輩の足を借りず、それこそ徒歩で高松市内を歩き回りました。
香川県庁舎(東館)や、香川県立体育館(昨年閉館)を見たり、最後は高松空港に出向き(これ
はさすがにバスに乗りました)あっちこっち探検をし、面白いもの(うどん出汁が出る蛇口)を
見つけ、空港内を堪能しました。

宿の近所のうどん屋さんで、「朝うどん」を食べて、街歩きをしながら、あっちこっちにあるう
どん屋さんも4件ぐらい入っては、食べ比べもして回っていました。
香川県のうどんは、基本的に「いりこだし」ですが、お店ごとにちょっとずつ出汁の味が違う
し、麺の太さも違うので、お店の個性を味わえて面白かったです。

今回は、大急ぎで回ったし、天気が良くなかったので、また今度時間が出来た時に香川県の旅行
をしたいなぁ・・・と思います。

もんすいさんは、香川県に行ったことがありますか?もしあったら、お勧めの場所はどこです
か?
 

Re:茶の湯

 投稿者:もんすい  投稿日:2015年10月20日(火)18時52分31秒
返信・引用
  こんばんは
貴女も色んな体験をされていますが、人を大きくする要素となり、きっと今後の役に立つことでしょう。

日本は四季があるのでその折々の季節を写し、それぞれ季節を楽しむ事が出来ますが
四季の無い世界は体験したことがありませんが、年中同じ光景なんでしょうか


茶の湯 と短い文言ではありますが、これが中々奥が深く
私も未だ解らない事がいっぱいで、その係わりの仕事もしている関係で、その都度関係書物をあさり
対応していますが、問われると返答に行き詰まる事、しばしば

茶の湯には決まり事が多く、何も知らなければそれで通過できますが
頭を突っ込むといささか厄介な事柄が多く、詫び寂びから始まり立ち往生をすることしばしば

茶の湯とは 「和敬清寂」 この言葉に尽きるとありますが、僅か四文字に秘められた解釈は
人それぞれに解釈があり、私が語るにはとても程遠い事柄です。
 

レンタル掲示板
/68